冬場の乾燥肌対策

冬は空気が乾いていますので、乾燥肌対策は必須になります。冬は気温が下がるのみならず、冷たい風が吹き付けるなどして、普通肌の人でも乾燥肌に似た状況になることもあります。冬は、逆に体を洗わないでいた方が、肌を乾燥から守ることができるといいます。夏とは違い、汗もかかない冬は体を毎日石鹸でゴシゴシこする必要はありません。軽く洗った後は保湿成分の高いクリームをたっぷり塗ることで乾燥肌になりにくく、おすすめです。肌の保湿に効果的なコラーゲンは食べ物からも補給することができますので、乾燥肌対策を食事面から取り組んでみることも効果が期待できます。冬の乾燥対策に、軟骨や鶏手羽などのコラーゲンの豊富な食事でメニューを組み立てるというのもいい方法です。サプリメントを利用してコラーゲンを摂取している方もいます。美肌に関心が強い人は、乾燥肌でなくても肌の保湿に熱心に取り組んでいます。空調機を用いて温度上昇をはかることが多い冬は、室内の空気も乾燥しがちですので、乾燥肌の人は特に気をつけなければなりません。冬は風邪をひきやすい季節ですが、原因として気温の低下だけでなく、湿度低下によるのどの負担もあります。濡れた洗濯物やタオルを吊すと加湿効果があります。最近は加湿器を使う人も増えています。乾燥肌からかゆさが強まっているなら、かゆみ止め成分いりクリームがあります。空気の乾燥から乾燥肌に湿疹ができてしまった時は、家でのケアでは無理だと思ったら、早めに病院に行くといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ