サプリメントと薬の飲み合わせ

飲み合わせに関しては、サプリメント同士だけでなくサプリメントと薬についても考えるべきことです。風邪をひいたので風邪薬を使おうと思っているけれど、毎日飲んでいるサプリメントが気になるという場合です。気をつけるべき点として、サプリメントと薬の相性が良くない時には、体に悪影響が出てしまうことがあります。意図した通りの薬やサプリメントの効果が出ずに、効き目が減衰したり強化されすぎたり、別な作用が体に表れてしまうということもあります。例えば、血液凝固剤とビタミンKを併用すると、血液凝固作用が弱まることがあります。ビタミンB5をパーキンソン病の薬と一緒に摂取すると、薬の作用が出にくくなります。それと気づかずに薬やサプリメントを摂取し、困った状況にならないようにしてください。飲み合わせに不安を感じるのであれば、サプリメントの販売店や薬を処方してもらった薬局などに問題はないか問い合わせることです。飲み合わせの問題をクリアするには、サプリメントを飲む時も水にすべきでしょう。お茶やジュースなどと一緒に飲むと、サプリメントに含まれる栄養成分の吸収が悪くなる場合があるからです。サプリメントで鉄分を補充する時は、お茶を使うとお茶のカテキンと鉄が結びついてしまうことがあります。サプリメントを利用する際は、飲み合わせの問題もあることを念頭に置くようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ