しわ取り化粧品の効果としわの原因

しわ取り化粧品の効果と、しわができる原因について考えてみましょう。しわとは、皮膚の老化現象によって目立つようになります。老化の原因は歳月の経過と紫外線の影響です。紫外線には2種類の光があり、しわになるのはUV-AでなくUV-Bとなるでしょう。コラーゲンによってみずみずしさが保たれている肌は、真皮にまで浸透したUV-Bの影響でエラスチンが変成されます。弾力がなくなった肌は、たるみやすくなりしわとなって表れます。一方UV-Aはメラニンを作り日焼けの元となります。真皮にまでは届きませんが、コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めるため、間接的にしわの原因になります。肌が紫外線によって老化しないように、紫外線対策効果のあるスキンケア用品やクリームを使って、日の光から肌をフォローします。年を取るとしわが多くなるのは、歳月の経過によって女性ホルモンの分泌量が変わったり、皮膚の乾燥や酸化でみずみずしさがなくなることがあります。皮膚に積み重なったダメージによって、しわが増えるのです。皮膚にはケラチニゼーションという作用が発生しており、28日を一周期として古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。しわ取り化粧品を使うことで、ケラチニゼーションをきちんとした状態に保ち、古くなった皮膚が速やかに入れ替わるようにします。しわ取り化粧品は、真皮にまで及ぼされた影響に関しては作用しないことも多いですが、しわが肌表面のものてあれば使うことの意味はあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ